アパレルへの転職の適性

ファッションが好きだから、という理由だけでアパレルの仕事に付けるわけではありません。適性というものもあるので、アパレルの仕事が適しているタイプについて解説します。

■性格上の適性

・社交性がある事

初対面の方とでも、気さくに話ができる方が向いています。人見知りしてしまう方にはあまりおすすめできない仕事になるので、注意してください。仕事でも、お客様にファッションをおすすめする機会が毎日やってきます。その時にためらってしまっていては何にもなりません。

■見た目上の適性

・おしゃれである事

アパレルスタッフで働くのですから、おしゃれでなければいけません。そのショップの服を着るとこんなにもおしゃれになるといったアピールができる方が、採用されるわけです。特に面接の時は、服のセンスというものを問われると思ってください。

■好奇心・研究心が旺盛である事

ファッションの世界は特に流れが早いです。流行に敏感であることが、アパレルで働く時の適性に大きく関わってきます。ファッション系雑誌を読むのはもちろんですが、ライバル店の偵察など、好奇心旺盛であることや研究熱心であることが求められます。

特にバイヤーとして働く場合には、流れを読み間違えると大量の在庫が残る事もあり、日々の研究が大切になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ