アパレル関係の仕事内容

アパレル関係で働くことを決断されたら、その仕事内容を把握することが重要です。アパレル関連の仕事を始めたら、実際にどのような業務を行うのかを以下に解説させてもらいます。

■ショップ店員の場合

アパレルの仕事のほとんどはショップ店員となるので、まずはこちらを確認しましょう。

ショップでは、接客というものが特に大きなテーマとなります。お客様に対して、特定のファッションアイテムを勧めたり、コーディネートしたりするのも大事な仕事になります。コミュニケーション能力が特に必要になると思ってください。

ショップの場合は、店長などを行う事もあり、経営的な知識を持っていても損はありません。陳列方針などを決定する場面もあり、センスが問われる事も多いです。

■会社勤めの場合

アパレル系の会社に勤めるケースもあります。大きな組織に所属して働くことになります。

各店舗への営業を行うような仕事もありますし、バイヤー的な仕事をすることもあります。バイヤーの場合は、国内だけではなく海外へ出張する機会もあり、語学力がある方が有利です。

■正規雇用と非正規雇用

店舗勤めの場合は、非正規雇用が多めで、アルバイト・パートで働く方が多いです。会社勤めの場合は、契約社員や正社員で働く事が主です。会社の場合は成果が出れば、非正規雇用から正規雇用に格上げされるケースもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ